バナナの皮並30秒@気になったことを文章に

【エアコン】暖房を上手に使って電気代を安くする方法

time 2016/01/08

【エアコン】暖房を上手に使って電気代を安くする方法


エアコンを上手に利用して電気代を少しでも安く抑えましょう。

1:カーテンやブラインドを利用しない

暖かい日差しが差し込む昼間はカーテンを開け、冷気が入り込む夜間はカーテンを閉めてエアコンをつけると、暖かさが無駄になりません。

カーテンは、窓の上部から下部まで隙間なく覆える厚手の生地のものを選ぶとなおよいです。

カーテンの効果はとても大きいので、窓を覆えないカーテンを使っている方はすぐに捨てましょう。全然違います。


2:つけたり消したりする

エアコンは、運転中よりも運転を開始したときの方が電力を使います。何度もつけたり消したりするのではなく、暖まったら設定温度を下げる、冷えたら設定温度を上げるなどして調整しましょう。

これはやりがちです。部屋が十分に温まったらエアコンを消し、また冷えてきたらエアコンをつけるという行為。

エアコンを消すのではなく、設定温度を調整することで電気代を抑えられるそうです。


3:フィルターが汚れている

エアコン内部にあるフィルターにホコリや汚れが付着していると、暖房効果が弱まるだけではなく、電力を無駄に使うことになります。

「自動お掃除機能が付いているから」といって放置せず、2週間に1度は汚れ具合をチェックし、取扱説明書に記載された手順に沿って掃除をしましょう。

エアコンの掃除とかそんなにしますか?僕はしません。めんどくさいから。

年末の大掃除の時だけで十分な気がするのですが、電気代のことを考えるとそうも言ってられないようです。


4:エアコンだけに頼る

私たちの体は、湿度が高いと暖かさを感じるようになっています。エアコン暖房とあわせて加湿器を使えば、エアコンの設定温度を低めに設定しても暖かさを感じやすくなるでしょう。

その他にも、サーキュレーターや扇風機を使って暖かい空気を循環させるのもオススメ。室内の温度ムラがなくなり、エアコンの効率がよくなります。

サーキュレーターの効果は大きいみたいですねー。試したことないですけど、よく聞きます。なんだか冬に扇風機を稼働させるのが面倒なんですよ。扇風機は夏でしょ。





sponsored link

エアコンの掃除はこまめにしましょう


エアコンの掃除は2週間とは言いませんが、月1くらいの頻度でしても良いかもしれません。

エアコンを全く掃除しなかった場合、酷いカビと埃を見て悶絶することになりますから、電気代云々ではなく、掃除した方が良いです。あ、実体験です。



sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

運営者情報

書いている人

バナナの緑皮

バナナの緑皮

緑皮です。 30秒で沈む泥舟をネット海に流しています。 三日坊主の社会人2年目。

読まれている人気記事

まだデータがありません。


Sponsored Links

Sponsored Links


sponsored link