バナナの皮並30秒@気になったことを文章に

ビールが売れないのは「若者が飲まないから」「税金が高いから」? 昔に比べ選択肢が増えただけでは

time 2017/01/28

ビールが売れないのは「若者が飲まないから」「税金が高いから」? 昔に比べ選択肢が増えただけでは

 2016年におけるビール大手5社の出荷数量が前年を下回るなど、ビール類の売上げ不振が続いています。若者のビール離れなどとよく言われますが、若者がビールを飲まないことが市場縮小の原因なのでしょうか。

ビール類の出荷は12年連続のマイナス
 ビール・発泡酒・新ジャンルを合計したビール類の出荷は前年比でマイナス2.4%となり、12年連続のマイナスを記録しました。期待されていた新ジャンルもマイナス1.2%と3年連続の減少です。


横ばいを維持したのは価格を抑制した結果
 ビールの売上げ不振の原因についてよく耳にするのが、若者のビール離れです。確かに宴会などで「とりあえずビール」という風潮はなくなりましたし、ビールを好まない若者が増えていることは間違いないでしょう。


切り離して考えられない税制の問題
 もっとも日本の場合には、酒税の関係上、ビール類そのものの値段が諸外国に比べて高いという問題があります。この先、国内のアルコール市場を伸ばそうと思うのであれば、税制の問題を切り離して考えることはできません。しかし、日本の酒税による税収は約1兆3600億円もあり貴重な財源となっています。酒税を減額することについてはそう簡単に話は進まないと考えられます。



単純な話、選択肢が昔に比べ増えたのよね。

口に合わないと感じる若者も多く、コストを考慮するとビールよりも手が伸びるアルコール飲料があるのでは。


また、引用文に「とりあえずビールの風潮が無くなった」とあるが、最初の一杯はビールという風潮は若者の間でも一応定着はしている。

風潮なのか知らないけれど、一杯で酔いがまわる身分としては、ビールではなく梅酒にしてもらいたい。炭酸でお腹が膨れて長期戦を乗り切れないので。


個人的にビールを不味いとは思わないけれど、能動的に買ってまで飲む代物だとは考えられない。根本的にアルコールに弱いので、ビールに限らず買わないけどね。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

運営者情報

書いている人

バナナの緑皮

バナナの緑皮

緑皮です。 30秒で沈む泥舟をネット海に流しています。 三日坊主の社会人2年目。

読まれている人気記事

まだデータがありません。


Sponsored Links

Sponsored Links


sponsored link