バナナの皮並30秒@気になったことを文章に

クリスマスリースにはどんな意味があるのか

time 2013/11/29


もうすぐ12月ですが、12月といえばクリスマスです。


クリスマスの時期に外にでると、たまに目にすることがあるクリスマスリース。


クリスマスリースにはどんな意味があるのでしょうか。


調べてみました。


クリスマスリース




クリスマスリースの意味


クリスマスリースは輪の形をしています。


この形の意味は、永遠に続く神の愛という意味があります。


輪という形は、はじまりもなく終わりもないということを表しています。


そして、クリスマスリースの色は緑です。


この色にも意味があり、豊作を願っているという意味をもっています。


また、クリスマスリースは常緑樹で作られています。


常緑樹には葉に殺菌作用と抵抗作用があり、玄関に飾ることで魔よけの意味をもちます。







いつまで飾るのが普通なのか


日本ではクリスマスを終えると片付けてしまいます。


外国では、年を明けてからも数日間は飾っている場合もあります。


日本はクリスマスが終わると、お正月があるので片付けるのが当然です。


お正月にはしめ飾りを玄関に飾るのが日本の行事なので、日本ではクリスマスが終わったらクリスマスリースは片付けるのが普通です。





sponsored link

down

コメントする




運営者情報


Sponsored Links

書いている人

バナナの緑皮

バナナの緑皮

緑皮です。 30秒で沈む泥舟をネット海に流しています。 三日坊主の社会人2年目。

読まれている人気記事

まだデータがありません。



sponsored link


Sponsored Links