バナナの皮並30秒@気になったことを文章に

寝苦しい夜は裸で寝たくなる。でも、逆効果みたいです。

time 2015/08/06

寝苦しい夜は裸で寝たくなる。でも、逆効果みたいです。



暑い夜は大変寝苦しいものです。

寝苦しい熱帯夜中を少しでも涼しくしようと私たちはもがきます。

普段寝る際に着ている服を軽装にしてみたり、服を脱ぎ捨てて下着だけになってみたり。

時には全裸になって布団にダイブする人もいるのではないでしょうか。

裸になって寝ることは悪くないのですが、涼しいと感じるのは最初だけで、時間が経つにつれ寝苦しくなります






sponsored link

布団綿と身体の汗は相性最悪


布団綿は空気中の水分を吸収することで熱を発生させます。

冬に関しては上記の作用のおかげで熱を保っているので暖かくて快適なのですが、熱帯夜に熱を保たれるのは暑苦しいと感じる大きな原因となります。

そして、寝ている最中に私たちがかく汗の量は330mlにもなります。

裸で寝た場合、身体と最も密着することになる布団が私たちの寝汗を吸収することになります。

汗を大量に吸収した布団は熱を発生させるわけですから、暑い思いをしながら寝ることになります。

普通の布団で寝る際は大人しく服を着て寝るのがトータルで見て涼しくすごせるのではないかと思います。




暑いけど、裸で寝るのも悪くない


裸で寝ることは涼しく寝ることにはなりませんが、健康の面では裸で寝ることは良いことみたいです。

ちなみに筆者も裸で寝ることを何度か試みまして、体験者として言わせていただくと、快眠率は中々のものです。

なんというか、目覚めが凄く良いのです。

普通に寝た際は「今日も仕事か、会社いきたくねー」と思いながら酷い顔で起きるのですが、裸で寝た際は違いますね。理由は良くわかりませんが、開放された感じがするのです。

海と猫






まとめ


・布団にもよりますが、大半の布団は裸で寝ると暑くなります。

・裸で寝ることは悪いことじゃない。

・裸で迎える朝は中毒性有り。



sponsored link

down

コメントする




運営者情報


Sponsored Links

書いている人

バナナの緑皮

バナナの緑皮

緑皮です。 30秒で沈む泥舟をネット海に流しています。 三日坊主の社会人2年目。

読まれている人気記事

まだデータがありません。



sponsored link


Sponsored Links