バナナの皮並30秒@気になったことを文章に

内定式は気張らず普通に振舞っておけば大丈夫です

time 2015/09/30

内定式は気張らず普通に振舞っておけば大丈夫です

10月1日は内定式を行う企業も多いのではないかと思います。

そんなことを思っていたのですが、今年から就活期間が大幅に変更された影響からか、10月1日に内定式を行わない企業もあるみたいですね。



1年前の2014年10月1日、僕も内定式に出席しました。

僕は4月の上旬で就活は完全に終わっていましたから、内定式までの半年間は就職するという事実を他人事のように感じていました。

しかし、内定式の前日になると今まで他人事だった就職するという事実を実感します。

この時点で憂鬱でしたね。内定式とか行きたくないと思っていましたし、内定式で今後が決まってしまうのではないかと妄想したり。

内定式が憂鬱で仕方のないのならば、そんなに気張ることはないですよ。

とりあえず出席しとけば大丈夫です。



sponsored link

前日は十分な睡眠をとることをオススメします


内定式は長いです。

会社によって異なるかもしれませんが、僕の会社は式典を半日、書類書いたり仕事の話しを聞いたりを半日。

場合によって、夜は懇親会や同期同士の飲み会など。

丸一日拘束されます。

学生ニート状態の方にとって、緊張状態を保ったまま一日拘束されるというのは苦痛です。

普通の生活を送っている人でも、緊張を保ったままの一日は疲れるものです。

よって、前日は寝ておきましょう。

僕の在籍していた研究室では、内定式前日は寝ることを最優先にしていました。

そこまで内定式とか疲れないだろー、なんて甘く考えていましたが、実際はかなり疲れましたね。マジで。

式典でウトウトしないためにも寝ておいて間違いないです。



肩の力を抜いて挑めば大丈夫


内定式は緊張します。これは仕方のないことです。

肩の力は抜いておきましょう。

一日持ちませんよ。そんなに気張っていても、何も変わりません。

緊張は悪いことではないです。適度な緊張は保っておくと丁度良いのではないでしょうか。

それに、内定式に出席している学生の9割以上は緊張しているんじゃないでしょうか。

みんな緊張していますよ。自分だけじゃない、緊張して当たり前ですから。




内定式に出席される皆様、適当にいきましょう


内定式は適当で大丈夫です。

内定式が終わった後、僕の場合は真面目な友達ができた程度にしか思っていませんでした。

周りは同期になる人間ばかりですから、適当に声をかけておきましょう。

会社を選んだ理由を聞くと面白いです。僕の周りは安定志向の方が大半でした。

辞めたいと言っている同期が居たのは驚きましたが、彼は未来を見据えることができる奴だったのでしょう。

僕も現在は全力で会社をやめたいです。

内定式の頃はデカイ会社に入って安泰かなーと思っていましたが、実際に働いてみると、面白くないです。むしろ辛い。

知好楽になることを望んでいますが、現状厳しいですね。まぁそんなもんです。

とりあえず内定式くらいは気張らずいきましょう。働き始めたら、嫌でも気張らなければいけなくなりますので。

内定式は適当で大丈夫です。大丈夫。




sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

運営者情報

書いている人

バナナの緑皮

バナナの緑皮

緑皮です。 30秒で沈む泥舟をネット海に流しています。 三日坊主の社会人2年目。


Sponsored Links

Sponsored Links


sponsored link